小児歯科医選びのポイント

説明が丁寧でわかりやすい
大切なお子様を通わせるなら、わかりやすく丁寧に治療方法などを説明してくれる医院を選ぶべきでしょう。
一方的に治療を進めず、こちらの意見を尊重してくれるかどうかも重要なポイントです。
お子様と歯科医師・スタッフとの相性の良さ
お子様と歯科医師及び歯科医院スタッフとの相性は重要です。
お子様がストレスなく通えるかどうかがここで決まると言っても過言ではありません。
院内環境の清潔さ
不潔な環境の歯科医院にお子様を通わせて院内感染などが発生したら大変です。
院内の清掃状況や消毒などに最大限配慮している歯科医院を選びましょう。

このページをご覧になっているあなたも、こどもの頃歯医者に多かれ少なかれ苦手意識を抱いていたのではないでしょうか?
また、それは「歯医者が痛くて怖い場所だから」、ではないでしょうか。
しかし、現在の歯医者は以前に比べ、痛みの少ない治療や明るい雰囲気作りに力を入れていることが多いので、以前のような怖い場所ではなくなってきています。


まずは苦手意識等の先入観を払拭することが大切です。
お子様は大人の緊張を敏感に感じ取ってしまうので、まずはあなた自身がリラックスしてお子様を安心させてあげましょう。


治療後はお子様を褒めてあげてください。
そうすることによってお子様は自信がついて、治療に積極的になっていきます。
泣いてしまって治療が出来ない場合も決して叱らずに、ご自宅で練習してあげてください。


また、「痛くないよ」というのも逆効果です。
お子様にとって「痛くない」は「痛い」と同義語です。
「歯医者=痛い・怖い」というイメージを取り除いてあげることが重要です。
歯医者に行く時は、歯医者さんに行く理由や虫歯の怖さを丁寧に教えてあげることが一番です。