子供は大人の縮小版ではありません

妊婦歯科検診の重要性

何故なら大人は既に生えている歯に対する治療や予防処置が主ですが、小児歯科はお子様の成長ステージに合わせたアプローチが必要となってくるからです。
当院ではお子様の虫歯の治療や予防はもちろん、成長・発育に合わせたお口の管理も行っております。
又、歯列不正にならないかアゴの骨の発育も常に確認しております。


当院の小児歯科3つの特徴

お一人おひとりのお子様に合わせた歯科治療を行ないます。
当院ではフッ素塗布やシーラントなどの虫歯予防の他、緊急の場合を除き、お子様が当院に慣れてから実際の治療を始めますので、ご安心ください。
お子様が楽しみながら治療を受けられるように工夫します。
当院では、お子様に無理強いしない小児歯科治療を心がけております。
つまりお子様が自らお口を開けて治療を受けて頂けるように、粘り強く診療を行います。
無理強いをしますと、その時はお口のケアができても、結局は歯医者嫌いになり、後々に虫歯や歯周病に悩んでしまう結果となるからです。
親御様も根気が必要になりますが、是非ご理解・ご協力をお願いします。
女性歯科医師による優しく丁寧な治療を行っております。
小児歯科医師の役割は、お子様の虫歯の治療や予防はもちろん、成長・発育に合わせたお口の管理を行うことです。
又、歯列不正にならないかアゴの骨の発育も常に確認しております。
具体的には乳歯も永久歯も生えたての歯は虫歯になりやすいものです。
特に生えたての乳歯は噛む部分が虫歯になりやすく、成長によるお口の中の変化(永久歯が生えてくる準備が進む)とともに、歯と歯の間が虫歯になりやすい傾向にあります。
乳歯と永久歯の双方が生えている混合歯列期は、それら両方に対する予防・治療が必要になります。
つまり成長に合わせたお子様お1人おひとりに対するオーダーメイドの治療や予防が小児歯科医師の役割ということです。

小児歯科医としての心構え

当院では特にお子様及び親御様とのコミュニケーションを大切にしております。

ある程度成長されたお子様には、何故歯科医院に来た方がいいのかご理解頂くようにコミュニケーションを大切にしておりますし、もっと小さなお子様の場合には親御様とコミュニケーションをよくとり、信頼関係を築くことで親御様と二人三脚でお子様のお口の健康管理にあたるようにしております。

小さな虫歯も見逃しません

一見虫歯がないように見えるお口でも小さな虫歯の芽が隠れていることも多くございます。

通常の歯磨きでは見つけることが難しい小さな虫歯があります。この状態で発見出来ればお子様の負担も少なく虫歯治療が可能です。
また早期発見がお子様を歯医者嫌いにさせないコツだともいえます。

小さな虫歯も見逃しません

虫歯は作らない…でも虫歯になってしまったら…
当院では、早めのうちに小さな虫歯も見逃さないよう努めております。
日常歯科医院でチェックしてもらうという、ちょっとした手間が将来のお子様のお口の健康を守ることにつながります。