患者様本位の矯正治療

当院では小児の矯正治療から大人の矯正治療まで幅広いニーズに応えられるよう、いろいろな矯正装置や治療法を選択できるようにしております。
矯正歯科用レントゲン(セファロ)などを用いた詳細な検査データを分析し、治療方針をご納得頂けるまでご説明します。
またお子様を主体としてお話し合いをしながら、最適な治療法を決定後、実際の矯正治療を進めさせていただきます。

当院ではまずお子様ご本人から主訴を伺います。

何故なら矯正治療は長い期間を要するケースが多く、お子様の主体性無くして、満足できる治療のゴールには辿り着けないからです。
どうぞご理解ください。

当院の小児矯正治療

当院の小児矯正治療

当院で主に使用する矯正装置は、取り外しのできる装置です。
固定式の装置であっても、白く目立ちにくい矯正装置のものを主に使用します。
上述のように保護者の方のお話だけでなく、お子様の話もよく聞いてご本人のできることを確認しながら、装置を決定して矯正治療を進めていきます。


矯正歯科治療は、大方期間の長い治療になるので、ご自分で使用できない装置や、どうしても嫌がる装置を無理に使用したり致しません。
矯正治療、そしてご自分のお口に興味を持つよう心掛けながら治療を行っております。
不正咬合の原因は、指しゃぶりなど成長期の癖も大きな原因の一つなので、そのような癖のあるお子様にはそれを客観的に気付かせるように努めてまいります。

当院の小児矯正治療

また最近の傾向として、あごの骨が小さくなってきても歯の数や大きさは変わらないため、歯が正しい位置にどうしてもはえることができず、咬み合わせや歯並びの悪いお子さんが増えてきました。
治療勧告書で、不正咬合の紙をもらったお子さんも少なくないはずです。

当院でお子様にお勧めする矯正治療は、乳歯と永久歯が混在している時期に行う治療です。
あごの成長や歯の生え換わりに合わせて治していくことができます。
最適な治療開始の時期を決定し治療期間も短縮させ、お子さんの負担の軽減を図っています。
尚、当院では矯正歯科認定医が分かりやすく詳しくご説明を行います。