歯を抜かない矯正治療「床矯正」のご案内

床矯正治療とは

床矯正治療とは

床矯正は「しょうきょうせい」と読みますが、お口の中を多少拡げて歯並びをキレイにする矯正治療です。
本来なら普通に並ぶことが出来る歯を抜く必要はありません。
床矯正治療で使用する矯正器具は、お口の中に入れる入れ歯のような器具ですので、取り外しが可能なため、虫歯や歯周病のリスクを大幅に減らすことが出来ます。
床矯正においては、歯の生え換わる時期(特に低学年が有効)にプレートを装着し、顎を拡げて歯が並ぶための充分なスペースを作ります。
これにより健康な歯を抜かずに矯正がしやすくなるのです。



床矯正のメリット

床矯正のメリットは、以下の通りです。

  • 抜歯をしなくてすむ可能性が高くなること
  • あごを広げてスペースを作るという人間本来の骨格を取り戻すことによる歯列矯正方法なので負担が少ない
  • 矯正治療費が比較的安い
  • 取り外しが可能なので、歯の状態はいつも清潔に保っておくことができる、つまり虫歯や歯周病になりにくいということ
  • 取り外して食事がとれるため、食事制限がない

などが挙げられます。

※ただし、症状がひどい人は、床矯正+ワイヤーでの歯列矯正を行わなければならない場合もあります。

床矯正はお子様の頃に受けることをお勧めします

大人になってからの床矯正(拡大)治療も可能ですが、床矯正は顎が成長途中である子どものほうが、肉体的にかなり負担が少なく済みます。
個人差もありますが、顎を拡げるには6才ぐらいから治療をはじめ思春期までに一旦終え、大きな成長が終了してから矯正(2次)治療を開始するのが望ましいといえます。

床矯正の治療手順

矯正装置を装着し、装置の真ん中のネジを回すことで顎を拡げていきます。
痛みがないように少しずつ拡げて、歯を動かしますのでご安心ください。
具体的には、お子様の症例によっても異なりますが、概ね1週間に1度ネジを回すことで、装置を広げて頂きます。
違和感などは個人差もありますが、痛みはないとおっしゃるお子様がほとんどです。

小矯正の治療手順


床矯正装置の装着時間

矯正治療を早期に終えたいのであれば、できるだけ長時間、装置は装着しましょう。
食事、歯磨き、英語・国語・音楽などの発育障害を生じそうな場合は装置を外します。
咬む力が、移動した歯をより安定した位置へ修正します。
咬む刺激を考え、食事の時は装置を必ず外しましょう。
尚、少し治療期間が延長しても一日12時間以上装着していれば治療は可能です。

症例に合わせた様々な床矯正装置

当院では、お子様の症状に合わせた様々な床矯正装置をご提供しております。

上顎を横に広げる床矯正装置

上顎を横に広げる床矯正装置

下顎を横に広げる床矯正装置

下顎を横に広げる床矯正装置

受け口治療の際に使用する床矯正装置

上の前歯を前に押し出す際に
使用する床矯正装置

咬み合わせを浅くする床矯正装置

あごの成長をコントロールする際に
使用する床矯正装置


写真提供:(株)アソインターナショナル