歯並びチェック

お子様の歯並びをチェックするのはご両親の役目です。

お子様の歯並びチェックはしてますか?
お子様の歯並びをチェックしてあげるのは親御さんの役目です。
なるべく早期発見し、早期治療をすることが一番です!

もし、下記のチェック表の自己診断で一つでも思い当たる項目があれば、矯正の診断を受けることをおすすめします。

歯並びチェック


歯並びチェック

上顎前突・出っ歯
出っ歯や八重歯があって、笑うと、唇から出た歯の表面が乾燥して唇が閉じなくなることがある。
反対咬合・受け口
自然に噛み合わせしたとき、下の前歯が上の歯よりも外側に噛んでいる。
開咬・オープンバイト
しっかり噛んだつもりでも上の歯と下の歯の間があき、噛んだ状態になっていないように感じる。
叢生・乱ぐい歯・八重歯
歯並びがガタガタで、きれいなアーチになっていない。前歯など、隣どうしの歯が重なったり、ねじてたりしている。
過蓋咬合・オーバーバイト
噛み合わせるとがぶりと前歯が深く噛み込み、上の歯に下の歯が全く隠れてしまう。上の内側の前茎を傷つけてしまうことがよくある。

上記にあてはまる場合は、早めに当院までご相談ください。
歯列矯正は、治療に適した時期があり、一定の期間を過ぎてしまうとその部位に対して治療しても効果が薄い場合があります。
『例えば、上あごが大きい場合の成長抑制などは、上あごの成長は11歳位までといわれているためその歳を過ぎてからの成長のコントロールはできない』